観光

釣石神社

紹介

釣石神社の名の由来は、ご神体の巨石がしめ縄で釣りあげられたようで、今にも落ちそうに見えることからそう言われます。釣石神社の祭神は「天児屋根命」で「知恵の神様」「学業の神様」です。釣りあがった御神体の巨石は、昭和53年の宮城県沖地震でもビクともしないことから、「落ちそうで落ちない受験の神様」として有名になりました。
毎年12月中旬には「ヨシ門松」と、「葦の輪」が設置され、正月には合格祈願の受験生や、会社の景気支えの祈願などに県内外から多くの参拝者が訪れます。

所在地

〒986-0201 石巻市北上町十三浜字追波
近くのスポットを確認
38.569577
141.434168
  • 被災地の今
  • 見る
    • 食べる
      • 遊ぶ・学ぶ
        • 買う
          • 泊まる